寒くて、自然の猛威をモロに受ける冬のキャンプ。
冬キャンプは最も過酷そうですが、実は魅力も満載です。

今回は、冬キャンプの魅力と実際に冬キャンプを経験して感じた、防寒対策で特に重要なキャンプ道具をまとめました。

冬はキャンプ場に行きやすい

冬のキャンプ場

まずは、何といっても冬の時期はキャンプ場が比較的空いてます。

寒さで足が遠のくのに加え、冬のキャンプ防寒対策でより多くの装備が必要なため、夏のキャンプに比べて荷物が増えます。

なのでキャンプにあまりお金をかけずに気軽に楽しみたいカジュアル層や、ただでさえ荷物が多いファミリー層にとっては行きづらいため、ゆっくりと落ち着いたキャンプを楽しみやすいという魅力もあります。

またキャンプ場によってはオフシーズン価格でお得に利用できる場合もあるので嬉しいですね。

虫嫌いな人は冬キャンプがおすすめ

虫

キャンパーでも、虫嫌いな人って多いと思います!夏のキャンプはランタンなどの光に虫が集まってきますし、蚊など虫刺されで痒くなったりと厄介ですよね。さらにスズメ蜂なんかに至っては、もう命の危険さえ感じるほどの恐怖です。

そんな虫問題も冬になると、活動する虫の数が圧倒的に減るため、虫が苦手だという人は冬のキャンプがオススメです。

焚き火に癒され景色が綺麗

焚き火

キャンプといえば焚き火!
夏にする焚き火も楽しいですが、冬は特に焚き火の暖かさが一層身に染みて、ゆらめく炎に癒されます。

また、空気が澄んでいる冬は星空が夏より一層綺麗に見えます。

冬の星空

空気中の水蒸気は、チリやホコリとくっつき水滴になります。その水滴が光を反射することによって、見通しが悪くなるそうです。ですが「冬は乾燥しており、空気中の水蒸気が少ないので空気に透明感が生まれるから澄んだ景色に見える」という理由らしいのです。

焚き火で暖を取り、満天の星空を眺めながらゆっくりと過ごす時間は、冬キャンプの醍醐味ではないでしょうか。

冬のキャンプにおすすめの道具

とはいえ、冬なので当然寒いです。
万全な防寒対策をしなければ一晩過ごす事が非常に困難なので、しっかりと準備が必要です。

実際にパンダ夫婦が冬キャンプを経験して、最優先で揃えたほうが良いと思うギアを4つをご紹介します。

テント

ワンポールテント
TCティピシェルター

①素材
冬キャンプ用のテントはコットンやポリコットン(T/C素材)がおすすめ
理由は「通気性が高く結露しにくい」、「テント内で火が使える」という点が挙げられます。

コットンやポリコットンは難燃素材のため、燃えにくく火に強いです。

火の粉が飛んだり、ストーブがテントの生地に触れると火災や穴が開く原因になりますので、ポリエステル製のテントより、難燃素材のコットンやポリコットン製のテントをおすすめします。



②ベンチレーション(換気)機能
テント内で石油ストーブや薪ストーブを使い暖を取る事が冬キャンプでは多くなります。
ベンチレーション(換気)機能が付いているモデルを選ぶ必要があります。



③テントスカート
テントの裾にスカートが付いているかスカートはテントと外気を隔てる役割があり、テント内に冷気が侵入するのを防ぐ働きがあります。

▼おすすめのテント

¥43,780 (2024/05/25 23:59時点 | 楽天市場調べ)

暖房器具

薪ストーブや石油ストーブは、暖房器具としての利用だけでなく、調理器具と合わせて使うことで、お湯を沸かしたり調理したりできる点がメリット。またデザインはキャンプにマッチしたモノが多く、雰囲気も合わせて楽しめます。

石油ストーブ
トヨトミ レインボーストーブ

パンダ夫婦が愛用中のストーブの炎がガラスに 7 色に写りこむレインボーストーブ
正直な感想として暖かさはそこそこなのですが、デザインもキャンプにマッチしており人気が高いです。
連続燃焼時間も約20時間と長く、1泊2日のキャンプだと給油なしで行けるのも魅力。

パンダ

節約して使用すれば、2泊3日でも給油なしでイケちゃいます。

トヨトミ(TOYOTOMI)
¥26,800 (2024/05/25 23:59時点 | Amazon調べ)

煙突穴が出せるテントなら、薪ストーブもおすすめ!

¥43,000 (2024/05/25 23:59時点 | 楽天市場調べ)

AC電源を確保できるなら「電気ヒーター」という選択も。

キャンプ場にはAC電源が用意されているところもあります。AC電源があれば、電気ヒーターを使って手軽にあたたまることが可能です。電気ヒーターは、灯油などの燃料を用意しなくてもいいほか、テント内でも使いやすいといったメリットがあります。

¥14,300 (2024/05/25 23:59時点 | 楽天市場調べ)

いずれにしてもテント内で暖房器具を使用する際は換気をしっかり行い、一酸化炭素濃度チェッカーの設置するなど、安全面に十分に配慮して使用するようにしましょう!

シュラフ(寝袋)

シュラフ

冬キャンプ用の寝袋は体に密着して温かいマミー型をおすすめします!
また利用環境に合わせて、寝袋の限界使用温度・快適使用温度などの表記を参考に選ぶと良いです。

¥44,800 (2024/05/30 01:48時点 | 楽天市場調べ)

コット

底冷えから身を守るキャンプ用コットも寝袋と同じくコットも重要です。
極力冷気から身を守りたい方は、ハイコットがおすすめ。

ローコットとハイコットどちらにも使い分けれるタイプがあれば様々なシーンで活躍できますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。
冬キャンプは空気が澄んでいて夜空も綺麗な冬は、虫の心配もなく寒さ対策さえしっかりとすれば、冬はキャンプのベストシーズンと言っても過言ではありません。

今回は、冬キャンプの魅力優先的に揃えるべき道具などをまとめてみました。
ぜひ冬キャンプをする際の参考になれば幸いです。

それではみなさま、have a nice day!