こんにちは、パンダ夫婦(@panda_camp_blog)です。

今回は、RATEL WORKS(ラーテルワース)より登場した「STORAGE COMPACT RECLINING CHAIR HB (ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ)」を徹底解説していきます。

しっかりとくつろげる快適性 と コンパクトな収納性 を同時に追求した利便性の高い、究極の完成度で早くも品薄状態になりつつある本作。

一体どんな魅力が詰まっているのか、さっそく特徴をチェックしてきましょう。

ストレージコンパクトリクライニングチェア HBの特長

完全分解・二つ折り収納が可能

まず今回のチェアの最大の特長は、リクライニング機能を持ちつつ、完全分解収納が可能でコンパクトに収納できること。

分解収納時の横21cmx縦10cmx高さ75cmのコンパクトサイズに収まり、専用の収納袋に入れて楽々持ち運ぶ事ができます。

また、組立時の手間を省きたい場合は、二つ折りにしての持ち運びも可能です。

パンダ
パンダ

重量は3.8kgで意外と軽量!

車の積載量に余裕がある時は二つ折り、積載量に制限がある時は完全分解することで状況に合わせた自由な運搬・収納を実現しています。

極上のリラックス体験

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ 極上のリラックス体験

ストレージコンパクトリクライニングチェア HB二段階のリクライニング機能を搭載。

肘掛けを上に持ち上げ、後方に下げるだけで簡単にリクライニングが可能です。特別な力や複雑な調整を必要とせず、誰でも簡単に操作可能です。

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ リラックスした姿勢で自然を満喫
出典:楽天市場

自然を五感で感じながら少しの間目を閉じたり、夜は星空を眺めてみたり。リラックスした姿勢で自然を満喫することが出来ます。

パンダ嫁
パンダ嫁

最高の癒し体験

木のぬくもりを感じる天然木肘掛け

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ 木のぬくもりを感じる天然木肘掛け
出典:楽天市場

肘掛け部分には高品質なウォルナットの肘掛けが採用されています。天然木ならではのぬくもりを感じつつ、アルミフレームとマッチするように設計。

RATEL WORKS ストレージコンパクトチェア テーブルとの相性も抜群
出典:楽天市場

また、同ブランドの「ウッドパネルテーブル」の天板と同じ天然木素材を採用しているので、テーブルとの相性も抜群なのは言うまでもありません。

焚火に最適、難燃加工生地採用

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ 焚火に最適、難燃加工生地採用

座部および背部には難燃加工を施した「コットンキャンバス風合い生地」を採用しているため、火の粉が飛んできても生地が燃え広がる心配はありません。

星空を眺めながら、焚火も楽しむ欲張りなリラックスタイムを実現できます。

スペック

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ スペック
出典:楽天市場
STORAGE COMPACT RECLINING CHAIR HB
(ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ)
設営時サイズ(約)
W 61cm x D 56cm x H 95cm
収納サイズ(約)
W 21cm x D 10cm x H 75cm
重量(約)
3.8kg
材質
フレーム一式:アルミニウム合金
生地:難燃加工コットンキャンバス風合い生地
ひじ掛け:ウォルナット天然木
耐荷重(約)
80kg
販売価格 
12,800(税込)
※執筆時Yahoo!ショッピング価格

PR

まとめ

ラーテルワース ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ まとめ
出典:楽天市場

というわけで、今回はRATEL WORKS(ラーテルワークス)ヴァルライトの新モデル「ストレージコンパクトリクライニングチェア ハイバッグ」をご紹介しました。

特徴をまとめると

  • 軽量&コンパクトな収納性
  • 二段階のリクライニング機能で極上のリラックス体験
  • オシャレな2色のカラー展開
  • 直感的な簡単組み立て
  • 木のぬくもりを感じる天然木肘掛け
  • 難燃加工コットンキャンバス風合い生地

手に取りやすい価格でいて、機能性やデザイン性の高いことで人気のラーテルワークス。

この新作チェアも収納性と快適性を両立。これで12,800はかなりコストパフォーマンスが高く、人気が高まりそうな予感がします。

それではみなさま、have a nice day!

RATEL WORKS CAMP
¥8,780 (2024/07/20 10:15時点 | 楽天市場調べ)