こんにちは、パンダ夫婦(@panda_camp_blog)です。

今回は信州発のアウトドアブランドFUTURE FOXから新登場した「アイスジャグ1.9L・3.8L」をご紹介します。

47リットルの大容量サイズで、ソフトコンテナのデメリットだった頑丈さも克服した現行最強クラスのスペックです。

パンダ嫁
パンダ嫁

さっそくチェックしてみましょー!

FUTUREFOX アイスジャグの特徴

真空二層構造で氷が6日残る保冷力!

FUTURE FOX アイスジャグ 真空二層構造で氷が6日残る保冷力!
出典:楽天市場

FUTUREFOXのアイスジャグは、内部と外部の二つの壁の間に真空になっている真空二重構造で作られているため、優れた保冷・保温性能を誇ります。

長時間保冷が可能なので、野外イベントやピクニック、キャンプなど。また、暑い夏の日や屋外での活動シーンにおいて重宝します。

FUTURE FOX アイスジャグ 保冷力経過実験
出典:楽天市場

直射日光の当たらない室温24℃±2℃で計測時間以外は蓋を開けず、氷を取り出さないという条件下でなんと6日以上氷が残ったという実験結果に!

FUTURE FOX アイスジャグ 保冷力経過実験推移グラフ
出典:楽天市場

保冷力実験について、公式の発表では以下の通り

  • 12時間氷残数 約98%
  • 24時間氷残数 約88%
  • 48時間氷残数 約70%
  • 72時間氷残数 約55%
  • 96時間氷残数 約41%

大きな氷も出し入れしやすい

FUTURE FOX アイスジャグ 大きな氷も出し入れしやすい

口径は3.8Lタイプが8.5cm、1.9Lタイプが約6cmと、どちらも広めに設計されているので、大きな氷の出し入れもスムーズ!

コンビニやスーパーで売っているロックアイスがスッポリ入る容量になっているので使い勝手も抜群なお手軽サイズです。

水筒としても使用可能

取っ手が持ちやすい形状で持ち運びがしやすく、水筒としても使いやすくなっています。

3.8Lタイプはヘッド部分には注ぎ口付きで直飲みがさらにしやすい設計。

高いメンテナンス性

1.9Lタイプはボトル用スポンジ等を使用することで奥までしっかりと洗うことができるほか、3.8Lタイプはで手を奥まで入れてしっかりと洗うことができるので、常に清潔に保つことができます。

スペック・価格

1.9Lタイプ

FUTURE FOX アイスジャグ 1.9Lタイプスペック
出典:楽天市場
サイズ(約)
直径12×高さ29cm
容量
1.9L
重量(約)
900g(付属品含む)
材質
外:ステンレス201
内:ステンレス304
その他:PP(ポリプロピレン)使用

販売価格
4,980(税込)
※公式サイト販売価格

FUTURE FOX
¥4,980 (2024/07/22 18:32時点 | Amazon調べ)

3.8Lタイプ

FUTURE FOX アイスジャグ 3.8Lタイプスペック
出典:楽天市場
サイズ(約)
直径16.5×高さ31cm
容量
3.8L
重量(約)
1.4kg(付属品含む)
材質
外:ステンレス201
内:ステンレス304
その他:PP(ポリプロピレン)使用

販売価格
6,980(税込)
※公式サイト販売価格

FUTURE FOX
¥6,980 (2024/07/22 18:32時点 | Amazon調べ)
PR

まとめ

FUTURE FOX アイスジャグ まとめ
出典:楽天市場

ということで、今回はFUTURE FOX(フューチャーフォックス)の「アイスジャグ 1.9L/3.8L」をご紹介しました。

特徴をまとめると

  • 真空二層構造で氷が6日残る保冷力!
  • 大きな氷も出し入れしやすい
  • 水筒としても使用可能
  • 高いメンテナンス性
  • オシャレでカッコイイデザイン

高い性能とリーズナブルな価格のコストパフォーマンスに最強のアイスジャグが、FUTURE FOXさんから遂に登場です!

これを1つ持っておけば、これからの季節に大活躍間違いなしのアイテムだと思います。

夏の熱中症対策にもおすすめなので、気になった方チェックしてみて下さいねー。

それではみなさま、have a nice day!

FUTURE FOX
¥4,980 (2024/07/22 18:32時点 | Amazon調べ)
FUTURE FOX
¥6,980 (2024/07/22 18:32時点 | Amazon調べ)