こんにちは、パンダです。
今回は、大分県日田市中津江にある鯛生金山キャンプ場へ行ってきましたので、サイトや設備など写真付きで細かくレポートします。

鯛生金山キャンプ場のおすすめポイント!!

  • 全区画車乗り入れ可能なオートサイト。
  • ファミリーで楽しめる施設が近隣にあり。
  • 料金がリーズナブル。

【注意】この記事は2022年4月時点での情報です。
最新情報はキャンプ場へ直接お問い合わせください。

基本情報

名称・所在地

鯛生金山キャンプ場
住所:大分県日田市中津江村合瀬3750
TEL:0973-56-5316

営業時間・休業日

通年営業・不定休

標高

約550m

予約方法

電話予約のみ。

予約受付時間 9:00~17:00
(12月~2月は 10:00~16:30

詳細情報

場内マップ

場内マップ

車の乗り入れ

区画サイト、フリーサイト共に全サイト車の乗り入れ可能です!

パンダ嫁

荷運び楽々!

駐車場

鯛生金山には100台ほど駐車できるスペースがあります。
また、キャンプサイト利用中は区画サイト、フリーサイト共全サイト横付け可能です。

利用料金

料金は、サイト利用料+人数分の入場料となります。

サイト利用料

区画サイト(車1台分込)
1,540円
フリーサイト(車1台分込)
1,030円

入場料

大人/1名あたり
510円
小学生~高校生/1名あたり
200円

▼ 延長追加料金
通常チェックアウトの12:00以降、延長料金1時間毎+1,000円かかります。

パンダ

余裕をもって撤収されてください

デイキャンプ

デイキャンプも行っております。

駐車料金

駐車料金

駐車料金は施設利用料に含まれています。

チェックイン/チェックアウト

チェックイン 14:00~
チェックアウト 12:00まで

売店・自販機

道の駅 鯛生金山

テントサイトから300mほどのところに鯛生金山の道の駅があります。
規模としては大きくはありませんが、飲み物や中津江村で採れた野菜などが販売されています。
氷やアイスも購入する事ができます。

道の駅鯛生金山

道の駅の野菜

自販機
ジュースの自販機が鯛生金山管理棟にあります。

鯛生金山管理棟

レンタル品

BBQセットなどのレンタル品はありますが、テントや寝具などの貸出は不明です。

ゴミの回収

ゴミの回収

ゴミは各自持ち帰りとなります。

無料の灰捨て場は用意されてます。

ペットの同伴

ペット同伴OK

区画サイトの一部のみペットの同伴OKです。
他の利用者さんの迷惑にならないように、常にリードを付けムダ吠えさせないようにしましょう。

焚き火

焚き火

焚き火OK!
直火は不可なので、焚き火台を使用しましょう。

サイトの詳細情報

区画テントサイト

サイトマップ

鯛生金山キャンプ場の区画テントサイトは全19区画あり、すべて専用の駐車場が備わってますので、車を横付け可能です。
また、⑭~⑲区画はペット連れの利用が可能となります。

1区画の広さは区画によって多少の誤差はありますが、駐車スペース込み(約10m×15m)とかなり広いスペースが確保されております。2ルームテントや、大型シェルターの設営も可能。

区画サイト1

区画サイト1

区画サイトエリアに入ってすぐの場所にあります。
トイレとシャワー室が真横にあります。

区画サイト2

区画サイト2

区画サイト3

区画サイト3

区画サイト3には立派な大木(桜の木でしょうか)が背後にあります。
視界も開け見晴らしも良いです。

区画サイト4

区画サイト4

区画サイト4は角のエリアになっており、背後は柵がされてあります。

区画サイト5

区画サイト5

区画サイト6

区画サイト6

区画サイト7

区画サイト7

区画サイト8

区画サイト8

区画サイト9

区画サイト9

区画サイト10

区画サイト10

大き目の木が数本に囲まれ、影が多めのサイト。

区画サイト11

区画サイト11

区画サイト12

区画サイト12

区画サイトエリアに入ってすぐの場所にあり、炊事棟が真裏にあります!
区画の広さは若干狭めです。

区画サイト13

区画サイト13

区画サイト13のみ独立した場所に位置しており、他の区画から離れた場所に位置しています。
炊事棟、トイレが近くのため非常に利便性が高いです。
ただ、道路に面している場所のため、日中は鯛生金山へ観光に来る車やバイクが頻繁に通ります。

区画サイト14

区画サイト14

ペット同伴OKの区画。
炊事場が真横でトイレも近いため利便性も高いです。
遮るものが少なく、最も開放感が高いサイトかもしれません。

区画サイト15

区画サイト15

ペット同伴OKの区画。
両サイドを木々で囲まれているので、タープ無しでも日陰がつくりやすそう!

区画サイト16

区画サイト16

ペット同伴OKの区画。
区画サイトエリアに入ってすぐの場所にあります。
トイレとシャワー室が真横にあります。

区画サイト17

区画サイト17

ペット同伴OKの区画。
区画サイトエリアに入ってすぐの場所にあります。
トイレとシャワー室が真横にあります。

区画サイト18

区画サイト18

ペット同伴OKの区画。
区画サイトエリアに入ってすぐの場所にあります。
トイレとシャワー室が真横にあります。

区画サイト19

区画サイト19

ペット同伴OKの区画の一番奥の区画となり、最もプライベート感が高いと感じました。

フリーサイト

フリーサイト設営風景
提供:鯛生金山キャンプ場

フリーサイトは、陸上競技のトラックの様な形をした円形の区画。
中央の一段高くなっている綺麗な芝生のエリアに設営します。

フリーサイト

かなり広い区画に1日10組限定なので、周りとの間隔も空けて、十分な広さが確保できます。
また、フリーサイト専用の炊事場とトイレも用意されてます。

サイトの傾斜やデコボコ

傾斜

キャンプ場全体的にサイトはフラットに整備されており、傾斜はほぼ0です。

設備

炊事棟

▼区画サイトの炊事棟

区画サイト側炊事棟

▼フリーサイト側炊事棟

フリーサイト側炊事棟

フリーサイトにも区画サイトと同じ造りの炊事棟が1つあります。

トイレ

トイレは区画サイトとフリーサイトにそれぞれ1ヵ所ずつあります。

区画サイト側トイレ

区画サイトトイレ外観
トイレ外観

写真右側が洗面所、左側がトイレ(男女共通)です。

▼洗面所

洗面所

洗面所には5つ手洗い場があります。

▼区画サイトトイレ

小便器
トイレ室内

小便器が3つありますが、パンダ夫婦が行った時は奥の1つが使用禁止となっていました。

大トイレ外観

洋式トイレ

区画サイトの大のほうのトイレは洋式トイレが4つあります。
綺麗に掃除されています。

フリーサイト側トイレ

フリーサイトトイレ外観
フリーサイトトイレ外観

やや老朽化が見受けられますが、綺麗に掃除が行き届いており、臭いはしません。
男女ともに、和式トイレでした。

AC電源

電源設備

電源設備はありません。

風呂・シャワー

シャワー室外観
シャワー室外観

区画サイトの中心部に男女共用のシャワー室が2つあります。

シャワー室内

シャワーは5分100円24時間利用可能です。
最近改装されたのか、シャワー室の中は非常に綺麗です。

また、ドライヤーの備え付けはありませんが、コンセントはあるので持参すれば使用可能です。 

近隣施設

ゴールドハンティング

ゴールドハンティング

砂金が混じっている砂の中から、砂金の粒を探し当てるアクティビティ。
ゲットした砂金は記念に持ち帰ることができます。

地底博物館

地底博物館

明治27年から昭和47年に閉山するまでの80年間で金が約(約40t)、銀(約160t)を産出し、
東洋一の黄金郷と謳われた約800mの坑道跡を見学できます。

フォレストアドベンチャー・奥日田

フォレストアドベンチャー・奥日田

2020年3月に九州で5番目にオープンしたフォレストアドベンチャー奥日田。
35のアクティビティがあり、大人も本気で楽しめる樹上アドベンチャー。
森林に囲まれていて涼しいので、春〜秋にかけてのアクティビティとしてもオススメです。

パンダ

これ絶対楽しいやつ!

鯛生金山キャンプ場レビュー

評価

あくまで個人的な評価となります、参考までに。

アクセス  
荷運び   
トイレ   
炊事場   
サイトの整備
眺望    
静粛レベル 

※ひとりひとりのマナーが求められます。

セキュリティ

※夜間は管理人不在です。

料金    

まとめ

いかがでしたか。
鯛生金山キャンプ場は料金がリーズナブルなのに、管理が行き届いた綺麗なキャンプ場でした。
1区画あたりが非常に広くゆったりキャンプを楽しめます。

また鯛生金山と併設しているので、キャンプの合間にゴールドハンティングやフォレストアドベンチャーを楽しんだり、歩いて行ける観光スポットが沢山あります。

ただ近隣にスーパーやコンビニはありませんので、食材は持参して行かれることをお勧めします!

ちなみに、鯛生金山キャンプ場から車で3分ほどの所に、市ノ瀬河川キャンプ場という1日2組限定のパンダ夫婦おすすめのキャンプ場もあります。
詳細レポを書いているのでこちらも良かったらご覧ください。

それではみなさま、have a nice day!