こんにちは、パンダです。
今回は、大分県大分市太田にあるくりはい遊びの森キャンプ場へ行ってきましたので、サイトの様子など写真付きで細かくレポートします。

道路

くりはい遊びの森キャンプ場のおすすめポイント!!

  • ありのままの自然が満喫できる!
  • 1区画あたりがとても広い
  • たくさんの猫ちゃんに会える♪

【注意】この記事は2022年5月時点での情報です。
最新情報はキャンプ場へ直接お問い合わせください。

基本情報

名称・所在地

くりはい遊びの森キャンプ場
住所:大分県大分市太田1703-6
TEL:090-8394-6784

営業時間・休業日

通年営業・不定休

標高

約395m

予約方法

お電話にて予約可能です。
予約の空き状況は、ホームページにて確認できます。

パンダ

予約状況は2ヶ月先まで確認できます。

詳細情報

場内マップ

全体マップ
キャンプ場全体マップ

マップはpanda campが独自に作成したものになります。変更などあった場合はご了承ください。

車の乗り入れ

小川サイト以外全サイト車の乗り入れ可能です!

パンダ嫁

荷運びラクラク!

駐車場

駐車場

キャンプ場の入ってすぐの所にある、森のごはんやでチェックインを行いますのでひとまずこちらのスペースに駐車。
チェックインを済ませたら、車をサイトまで移動させます。

利用料金

宿泊利用料

テント・オートキャンプ

入村料 &区画料金/1組あたり
1,000円
テント1張(+タープ1張込み)
1,000円
森づくり協力金/1名あたり
100円
全区画共通 / 駐車料金込

例)ソロキャンプの場合
入村料&1区画1,000円+テント一張1,000円+森づくり協力金100円の2,100円です。

例)2名でテント1張の場合
入村料&1区画1,000円+テント一張1,000円+森づくり協力金200円の2,200円となります。

パンダ

リーズナブル!

ちなみに、森づくり協力金の100円は「くりはい遊びの森」の環境整備などに役立てられます。

また、オーナーご夫妻はキャンパーのみなさんにゆったり過ごして欲しいという想いのもと運営をされています。テントとタープの大きさが気になる場合はお電話にてお問い合わせください。

デイキャンプ

利用時間は11:00~18:00と最大7時間で、料金は下記の通りです。

デイキャンプ利用料

入村料 &区画料金/1組あたり
500円
テント1張(+タープ1張込み)
500円
森づくり協力金/1名あたり
100円
全区画共通 / 駐車料金込

駐車料金

駐車料金

駐車料金は施設利用料に含まれています。

宿泊チェックイン/チェックアウト

チェックイン 13:00~
チェックアウト 11:00まで

売店・自販機

受付を行う森のごはんやにて、薪割り台が購入できます。

薪(1束)
500円
薪割り台
1,000円

薪割り台はとても人気で予約販売になることも。

パンダ

薪割り台、地元の方の手作りだそうです。

自販機
近隣に自販機はありません。

レンタル品

テント、バーベキューコンロ、寝袋、食器類など一通りレンタル品は用意されていますので、必要な方は予約時に申し込めばOK

レンタル料金
テント
500円
グランドシート
100円
寝袋
500円
バーベキューコンロ
1500円
ファイヤーサークル使用料
300円

ゴミの回収

ゴミの回収

ゴミはすべて各自持ち帰りとなります。
灰や炭もすべて持ち帰りです。

ペットの同伴

ペット同伴OK

ペットの同伴OKです。
他の利用者さんの迷惑にならないように、常にリードを付けムダ吠えさせないようにしましょう。

焚き火

焚き火

焚き火OK!
直火は不可なので、焚き火台を使用しましょう。

パンダ嫁

山の中なので特に火の後始末にはご注意を!

花火

花火NG

花火は禁止です。

利用の流れ

くりはい遊びの森キャンプ場の利用の流れを簡単に説明します。

  1. 電話予約にてキャンプ場を予約
    tel
  2. 当日、森のごはんやにてチェックイン
    森のごはんや


  3. オーナーさんから場内の説明
    オーナーご夫妻
    オーナーご夫妻

    オーナーさんが設備の場所など、丁寧に案内してくれます。

    パンダ

    人柄が素敵なおふたり

  4. サイト設営
    tent

    説明を終えたら、案内されたサイトにて設営開始。

  5. チェックアウト
    チェックアウト

    チェックアウトの際、森のごはんやにいるオーナーご夫妻にお声掛けされてお帰り下さい。

サイトの詳細情報

全体マップ
キャンプ場全体マップ

くりはい遊びの森キャンプ場のテントサイトは、現在8つの区画があります。
特徴がそれぞれ変わりますので、詳しく見ていきましょう。

桜ベース(フリーサイト)

桜ベース入口
桜ベース入口
桜ベースマップ
桜ベースマップ

桜ベースは洗い場やトイレが最も近く利便性の高いフリーサイトです。
一段高い場所に設けられており、眺望もGood!

桜ベースの地面
桜ベースの地面

地面は、土と草が混ざった感じです。
サイト全体の広さは約30m×15mと非常に広く、そこに1日最大で3組限定なので、ゆったりと過ごせます。

ちなみにこの桜ベースですが、「キャンプが出来るスペースを設けて欲しい」というお客さんからの要望があり、そのお客さん自身が重機も持って来て、整地し作られたサイトだそうです。

パンダ

人徳ですね♪

梅の木ベース

梅の木ベース全体
梅の木ベース全体
梅の木ベースマップ
梅の木ベースマップ

梅の木ベースは木々に囲まれています。
タープ無しでも日陰が多く作れそう。

育成中の芝生
育成中の芝生

ちなみに、サイトに芝生を植えている最中で2022年5月中は利用中止となっていました。
※予約カレンダーを確認したところ2022年6月1日以降、予約可能なようです。

広さは、駐車スペースも含めた区画全体で約10m×20m、芝生の部分のみで約10m×10mほど確保されています。

梅の木
梅の木が植えられています。
梅の木ベースからの眺め
梅の木ベースからの眺め

ちなみに、梅の木ベースの一段下は貸し農園となっています。
このため近くに他の区画が無く独立しているので、プライベート感が非常に高いです!

ファミリーサイト

ファミリーサイト全体
ファミリーサイト全体
ファミリーサイトマップ
ファミリーサイトマップ

ファミリーサイトは横長のスペースに全3区画あります。
奥からファミリーサイト①、②、③と横並びになっており、1区画あたりの広さは約8m×10mです。

ファミリーサイト①
▲ファミリーサイト①

一番奥にあるサイトで木々が多く、自然を感じられます。

ファミリーサイト②
▲ファミリーサイト②

真ん中に位置するファミリーサイト②
両サイドには、小さな木が植樹されているので、プライバシーも確保できそうです。

ファミリーサイト③
▲ファミリーサイト③

一番手前の位置にある、ファミリーサイト③はトイレや炊事場へのアクセスも良く、利便性に優れます。

桑の木サイト

桑の木サイト写真
桑の木サイト写真
桑の木サイトマップ
桑の木サイトマップ

ファミリーサイトの一段下にある桑の木サイト
手前と奥側で2区画あり、1区画あたりの広さは約8m×8mです。
大き目の木々に囲まれており、木陰がつくり易そう。

ブルーベリーサイト

ブルーベリーサイト写真
ブルーベリーサイト写真
ブルーベリーサイトマップ
ブルーベリーサイトマップ

ブルーベリーサイト全3区画あり、1区画あたりの広さは約6m×8mです。
サイトの上段には、ブルーベリーが植えられています。

小っちゃな場所

小っちゃな場所の写真
小っちゃな場所の写真
小っちゃな場所マップ
小っちゃな場所マップ

小っちゃな場所はその名の通り、くりはい遊びの森キャンプ場の中で最も小さな区画です。
ただ、小さいといえど、広さは約6m×8mと広さも確保されており、車も横付け可能。

ソロやデュオキャンプなら十分なスペースです。

杉の森ベース

杉の森ベース入口
杉の森ベース入口
杉の森ベースマップ
杉の森ベースマップ

杉の森ベースは、この区画だけかなり離れた場所に位置しており、区画の広さは約8m×30m驚きの広さです。この広さでなんと1日1組限定なんです!

杉の森ベース奥側
サイトの奥側から撮った写真

このように、サイトの形状は「くの字」のような形をしています。
また、小石が混ざったような硬めの地面なので、宿泊の場合はコット泊などが良さそうです。

小川サイト

小川サイト
小川サイト

小川サイトマップ
小川サイトマップ

最後にご紹介する小川サイト「くりはい遊びの森」の中にひっそりとある、かなり上級者向けのサイト。
小っちゃな場所から、森に入り更に500mほど進んだ森の中にあります。

今後、縄文トイレなどを作成予定とのことですが、現時点ではトイレも水場もかなり遠くウォータージャグなど必須かもしれません。

とはいえ、このような完全に自然に溶け込むロケーションは中々ないため、野営スタイルが好みのキャンパーには堪らないサイトだと思います!

手つかずの自然がとてつもなく綺麗です。

パンダ

サバイバル感がハンパない!

こちらのサイトに限ったことではありませんが、小川サイトは山の中なので、特に火の取扱いには十分お気を付けください!

ペグの刺さり具合

土質は硬すぎず柔らか過ぎず、程よい刺さり易さでした。
ファミリーサイト、桑の森サイトは元々畑だった土地を開拓して作られたため、柔らかめです。

サイトの傾斜やデコボコ

傾斜

キャンプ場全体的にサイトはフラットに整備されています。

設備

トイレ

トイレは森のごはんやの手前と炊事場の横1つずつあります。

▼森のごはんや手前トイレ

森のごはんや手前トイレ
パンダ嫁

ウォシュレット付き!

▼炊事場横のトイレ

炊事場横のトイレ

私たちが伺った日はメンテナンス中だったため、残念ながら中を見ることが出来ませんでした。

AC電源

電源設備

テントサイトに電源設備はありません。

風呂・シャワー

くりはい遊びの森キャンプ場にはテントサイト用の入浴施設はありません。
ですが、近隣には多くの温泉施設があります。

パンダ

流石はおんせん県の大分

その中でも、オーナーご夫妻から教えてもらったおすすめの温泉施設はこちら!

長湯温泉、中村屋

中村屋の露天風呂
中村屋の露天風呂

完全源泉掛け流しの露天風呂。泉質は炭酸泉で立寄り湯が1人200円で利用できます。

ドライヤーもありますよー。

長湯温泉 中村屋の基本情報

住所
大分県竹田市直入町長湯7964-2
電話番号
0974-75-2065
営業時間
8:00〜21:00
アクセス
くりはい遊びの森キャンプ場より、車で約18分
泉質
マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉

その他宿泊施設

くりはい遊びの森キャンプ場にはテントサイトのほかに、ゲストハウスも1棟あります。

ゲストハウスKURIHAI
ゲストハウスKURIHAI

ご厚意でゲストハウス内も拝見させていただきました。

建物も新しく充実の設備で、とても快適に過ごせそう。

宿泊料金は1人4,500円~で大人最大8名まで泊まれます。
ちなみに、1名~利用可能とのこと。

森のごはんや

森のごはんや

コミュニティレストラン「森のごはんや」にてご夫妻手作りのランチドリンクをいただくことができます。

ランチメニュー
出典:くりはい遊びの森キャンプ場

このボリュームでお値段750円

次回、伺った際は必ず食べたい!

森のごはんや
店内からの眺めもgood!

私たちはコーヒーをご馳走していただきましたが、非常に美味しかったです。
自家焙煎もさることながら、豆の品質にも拘っているんだとか。

パンダ

自家焙煎珈琲のスペシャリティコーヒー

森のごはんや基本情報

営業時間
11:00~16:00
定休日
毎週木曜日
駐車場
あり

アクティビティ

キャンプ場の名前にもある、「くりはい遊びの森」を散策する事ができます。

くりはい遊びの森
ご主人に案内していただきました

何とも神秘的ジブリの世界に出て来そうな素敵な森なので、ぜひ一度見て欲しいです。

景色を楽しみながら、ゆっくり歩き20分程度の距離なので気軽に散策できます。

ただし途中岩場や足場が悪い箇所もありますので、お子様はかならず保護者同伴で行かれて下さい。

くりはい遊びの森キャンプ場レビュー

評価

あくまで個人的な評価となります、参考までに。

アクセス  
荷運び   
トイレ   
炊事場   
サイトの整備
眺望    
静粛レベル 
セキュリティ
料金    

まとめ

くりはい遊びの森キャンプ場は、犬・猫好きのご夫婦が営む、自然豊かなキャンプ場でした。
人懐っこい猫ちゃんたちにほぼ確実に会えるので、特に猫好きにはたまらないと思います(笑)

パンダ

モフモフしすぎて、猫ちゃんの写真を撮り忘れました。

各サイト毎の距離も離れており、1区画あたりも非常に広く設けられていますので、ゆったりした非日常のキャンプが体験できると思います。

ただ、炊事場が1ヶ所しかなく、サイトによってはやや離れているため、その点は少し工夫すると良いかもしれません。例えば、ウォータージャグを持参する。そして洗い物が少なくなるように工夫してみたり、あるいはいっそのこと、洗い物は家に持ち帰っても良いかも。

最後にお伝えしておきたいこと。
くりはい遊びの森キャンプ場はご覧いただいた通り、自然豊かな森の中にあるキャンプ場です。
こちらのキャンプ場に限ったことではありませんが、特に火の取扱いには十分気を付けて安全に楽しみましょう!

それではみなさま、have a nice day!