こんにちは、パンダ夫婦(@panda_camp_blog)です。

今回はSNSなどで人気が高まっている5050WORKSHOPから発売中の「COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル)」をご紹介します。

5050WORKSHOPは、先日の「アウトドアデイジャパン福岡2023」に初出店し、ブースはとても賑わっており、その人気の高さがうかがえました。

実際に手に取ってみた印象を踏まえて、気になる製品の特徴を詳しくみていきましょう。

パンダ
パンダ

いってみましょー

5050WORKSHOPとは?

5050WORKSHOP(フィフティフィフティワークショップ)ブランドロゴ

5050WORKSHOP(フィフティフィフティワークショップ)は東京都町田にある株式会社TRYLが手掛ける日本のアウトドアブランドです。

海や山などのアウトドアフィールドはもちろん、デイリーユースでも活躍する気の利いたアイテムを展開。

▼ブランド名の5050の由来

OUTDOOR(屋外):URBAN(都市)=50:50

という思いが込められているんだそう!
キャンプだけでなく自宅でも使いたくなるようなアイテムが多く、注目度が高まっています。

「COFFEE SIDE TABLE」の特徴

ちょうど良いサイズのサイドテーブル

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) メイン画像
出典:Amazon

サイズ400mm×350mmの6角形の天板が特徴的。コーヒーを飲む時のサイドテーブルなどにピッタリなサイズ感です。

天板には上段下段共に小物を吊るせるスリットがあり、シェラカップなどが吊るせます。

パーソナルテーブルとしても使える

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) チェアの前に置いてみた様子
出典:Amazon

三脚の立ち上がりが一本なので膝と膝の間まで近づけることができ、パーソナルテーブルとしても活躍します。

体に寄せて使うことが出来るのが、とても使い勝手が良さそうです。

好みに合わせて高さ調整が可能。

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) 5パターンのカスタマイズ例

お好みに合わせて高さ調整が可能

パーツはメイン天板と、下段プレート、長い棒(21cm)と短い棒(16cm)、三脚パーツで構成されています。

短い棒と長い棒を上下入れ替えをしたり、下段プレートを組み合わせることによって全部で5パターンに変化します。

パンダ
パンダ

用途に合わせて色々アレンジできる!

下段は小物置きとして便利

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) 下段の小物置き
出典:Amazon

下段プレートには、スマホやキーケースなど、ちょっとした小物を置いたり、スリットに、シェラカップなどが吊るすのに便利。

アレンジ自在

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) 市販のマグネットフックを利用
出典:Amazon

別途市販のマグネットフックを用意すれば、ハンギングシェルフもセット可能です。 

拡張カスタマイズが可能

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) 付属のネジをテーブル中央にセットした様子
出典:Amazon

付属のネジをテーブル中央にセットすれば、同ブランドの「STANDシリーズ」で拡張していくことが可能となります。

ちなみに、ネジサイズは一般的な三脚用ネジと同じ1/4インチサイズなので、工夫次第でアレンジの幅が広がりそう。

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) オプションパーツと組み合わせた様子

COFFEE SIDE TABLE +2WAY STAND +STAND PLATEを組み合わせた例。

組み合わせ次第で自分だけのオリジナルアレンジを見つける楽しさもあります。

5050WORKSHOP
¥3,300(2024/03/02 10:42時点 | Amazon調べ)
フィフティフィフティワークショップ(5050Workshop)
¥3,371(2024/03/02 10:42時点 | Amazon調べ)
PR

「COFFEE SIDE TABLE」基本スペック

5050WORKSHOP COFFEE SIDE TABLE(コーヒーサイドテーブル) セット内容
出典:Amazon

【付属品】

  • ヘキサゴンテーブルトップ
  • 下段プレート
  • スタンド棒各1本 (16cm)(21cm)
  • 三脚ユニット(コア・脚3本)
  • M10オス/M10オス
  • スタンド用オス/オス六角ネジ
  • ゴム手袋
  • 六角スパナ
  • 専用ヘキサゴンケース

サイズ
400×350×490-330mm(組立時)
430×410×70mm(収納時)
重量
約2.5kg
耐荷重
約20kg
素材
アルミニウム合金/スチール
収納バッグ→ポリエステル
販売価格 
11,000(税込)
※記事執筆時Amazon販売価格

5050WORKSHOP
¥10,079(2024/03/02 10:42時点 | Amazon調べ)

まとめ

いかがでしたか?
5050WORKSHOPの「COFFEE SIDE TABLE」は、キャンプはもちろん自宅にも使える、コンパクトなサイズ感がちょうど良いサイドテーブル。

2段ある六角形の天板にはスリットが入っており、引っかけたり吊り下げたり出来るので、こまごま散らかりがちな小物類がオシャレに収まります。

パンダ
パンダ

魅せる収納!

SNSなどで大人気の5050WORKSHOPに注目してみてはいかがしょうか?

それではみなさま、have a nice day!

5050WORKSHOP
¥10,079(2024/03/02 10:42時点 | Amazon調べ)