こんにちは、パンダ夫婦(@panda_camp_blog)です。

今回は私たちが本格的に夫婦でキャンプを始めた2020年に購入し、今なお現役で使用し続けているコールマンの「ヒーリングチェア」を本音でレビューします。

結論からお伝えすると、組み立て不要で座った時の包み込まれているような座り心地が素晴らしく、私たちパンダ夫婦にとって最高にお気に入りのチェアです。

パンダ
パンダ

もっと高額なチェアも所有していますが、結局このイスに戻っちゃいます。

Coleman「ヒーリングチェア」2色

トータル100泊以上、キャンプで使ってますが2脚とも不具合も一切無し!

パンダ嫁
パンダ嫁

まだまだ頑張ってもらいます!

そんなコスパと座り心地抜群の「隠れた名作チェア」を詳しくレビューします。

▼今回ご紹介する「ヒーリングチェア」はこちら

コールマン(Coleman)
¥6,350 (2024/07/18 12:29時点 | Amazon調べ)

基本スペック

Coleman「ヒーリングチェア」商品スペック
使用時サイズ(約)
57cm×58cm×76cm
収納時サイズ(約)
14cm×14cm×90cm
材質
フレーム:スチール、 シート:ポリエステル
耐荷重(約)
80kg
販売価格 
4,680(税込)
※執筆時Amazon販売価格

コールマン(Coleman)
¥6,350 (2024/07/18 12:29時点 | Amazon調べ)

ヒーリングチェアの特徴

包み込まれるような座り心地

コールマン「ヒーリングチェア」実際に座った時の様子
パンダ嫁:身長165cm

ヒーリングチェアは座るとメッシュ素材のお尻部分が少し沈み、高めの背もたれも相まって、お尻から肩までスッポリと包み込んでくれます。

この包み込まれている感覚が、体圧を分散させ長時間座って快適をキープ

コールマン「ヒーリングチェア」横からの写真

真横から見ると判りやすいですが、少し後傾のアーチ状になっているのが座り心地のポイント。優しい座り心地をつくりだします。

パンダ嫁
パンダ嫁

ハンモックに乗っているような感覚

収束型で組み立て不要

何かと設営や準備が多いキャンプでは、出来るだけ手間をかけずに快適に過ごしたいのが正直なところ。

ヒーリングチェアは組み立て不要の収束型のチェアなので、収納袋からパッと取り出してすぐに座ることが出来ます。

撤収時も畳んで収納袋に入れるだけのお手軽さです。

それなりにコンパクトに収納

コールマン「ヒーリングチェア」収納袋を肩にかけている様子

14cm×14cm×90cmと長さはありますが、それなりにコンパクトに収納できます。

組み立て式のチェアと比べれば確かに嵩張りますが、ヒーリングチェアは組み立て不要なのが大きなメリット!

車移動のオートキャンプなら問題にならないサイズ感です。

▼収納時よりコンパクトに後継機も発売

背面に大きな収納ポケット

コールマン「ヒーリングチェア」背面に大きな収納ポケット

ヒーリングチェアの背面には大きな収納ポケットがあります。

あまり嵩張る物や、硬い物を入れると座り心地が悪くなるためおすすめしませんが、チェアの収納袋入れるのにちょうど良いです。

収納袋が迷子になってしまう問題を解消できます!

PR

残念ポイント

コールマン「ヒーリングチェア」カラー展開

正直、残念ポイントは無いです。でも「あえて挙げるなら」ということで3点つほどご紹介します。

チェアの足の裏に泥が詰まる

チェアの足の裏に泥が詰まり拭き取るのが大変なところ。

キレイにしないと気が済まない人は、少しストレスを感じてしまうかもしれません。

実際わが家では「綺麗に拭き取りたいパンダ嫁」と野外で使いまた汚れる物だから「拭き取りはササっとで良いと感じるパンダ夫」のプチ論争が起こっています。

パンダ嫁
パンダ嫁

几帳面 vs 大雑把

座面メッシュが冬は寒い

コールマン「ヒーリングチェア」展開時の様子

ヒーリングチェアは座面がメッシュになっており通気性に優れています。

一方で、冬は床冷えしちゃうので、ブランケットを敷くなどの防寒対策が必須です。

パンダ
パンダ

おけつが凍えるw

限定色はもう手に入らない

コールマン「ヒーリングチェア」限定色はもう手に入らない
  • 左手はオーソドックスな「オリーブ×ホワイト」
  • 右手はアルペンアウトドアーズ限定色「ダルゴールド(ブラウン)

アルペン限定色の「ダルゴールド(ブラウン)」を、もう1脚買い増ししてカラーを合わせたいのですが、残念ながら新品ではもう手に入れることが出来ません。

他にもヒーリングチェアは限定コラボカラーなどもあり、かつてはカラーバリエーションが豊富でしたが、現在はそのほとんどが廃盤になっています。

ですが、後継機のヒーリングチェア(NX)ネクストには、おしゃれなカラーラインナップが豊富にある模様。

まとめ

今回はわが家で3年間愛用しているコールマンの「ヒーリングチェア」を本音でレビューしました。

特徴をまとめると

GOODポイント

  • 組み立て不要ですぐに使用できる
  • 長時間座っても疲れない
  • 3年間使っても壊れない耐久性
  • 肩まですっぽり包まれる座り心地
  • 1脚4,000円前後とコスパ抜群
  • そこそこコンパクトな収納性

残念ポイント

  • チェアの足の裏に泥が詰まる
  • 座面のメッシュ冬は寒い
  • 現在限定カラーは入手困難

デザイン性に優れたチェアやなどに目移りすることもありますが、実用性と座り心地が優秀すぎるので、この先もまだまだお世話になりそうです。

組み立て不要・包みこまれる座り心地・そして格安という、バランスの良いチェアだと思います。

パンダ
パンダ

ファミリーで椅子に統一感を持たせたい時にもこの価格は助かる!

最後までお読みいただきありがとうございました。

それではみなさま、have a nice day!

コールマン(Coleman)
¥6,350 (2024/07/18 12:29時点 | Amazon調べ)

➡その他の本音レビュー記事はこちら