こんにちは、パンダ夫婦(@panda_camp_blog)です。

今回はBougeRV(ボージアールブイ)のコンパクトポータブル電源「Juice Goジュース ゴー」を本音でレビューします。

気軽に持ち運べるブックサイズのポータブル電源「Juice GO」。

Jucie Goはこんな方におすすめ
  • 軽量でコンパクトで、携帯性抜群のポータブル電源を探している
  • 安全性が高く、サイクル寿命が長いモデルが良い
  • コンパクトさだけでなく、機能面も妥協したくない
  • コスパが高く、お財布にも優しいポータブル電源が欲しい

コンパクトでスリムな形状を活かしバックパックに忍ばせて、ソロキャンプや屋外でのワーケーションにも重宝するスペックを誇ります。

実際に使ってみてた使用感を織り交ぜながら、詳しくチェックしていきましょう。

この記事は、BougeRV様より製品をご提供いただき作成しています。

提供していただいた製品ですが、良い面も気になった点も正直に、1ユーザー目線を心がけて執筆しておりますので、購入時の参考になれば幸いです。

BougeRVについて 

BougeRV(ボージアールブイ)ブランドロゴ

BougeRV(ボージアールブイ)は、アウトドア派の冒険家たちによって2017年に設立されました。

ポータブル電源やソーラーパネル、車載冷蔵庫 (ポータブル冷蔵庫)などのアウトドアや防災時に役立つアウトドアアイテムを中心に、アメリカをはじめ世界約50カ国に市場を拡大している大人気ブランドです。

日本法人は2022年東京都台東区にBougerv Japan株式会社が設立されました。

製品スペック

BougeRV Juice Go 付属品一覧
出典:BougeRV
BougeRV Juice Go
製品サイズ
幅26cm×高さ16.9cm×厚さ6.6cm
重量(約)
2.85kg
容量(Wh)
240Wh
出力(W)
150W
バッテリー
リン酸鉄リチウムイオンバッテリー
電気の波形
正弦波
出力(AC出力・DC出力・USB)
AC 100V×1
DC/シガーソケット×1
USB×1
Type-C×1
付属品
本体、USB Type-Cケーブル、シガーソケットケーブル、ユーザーマニュアル
販売価格 
29,980(税込)
※執筆時公式サイト価格

PR

BougeRV「Jucie Go」の特徴

製品開封の様子

BougeRV Juice Go 製品パッケージ

製品パッケージの他に、外箱に分厚い段ボールがしっかり補強されて届きました。

シンプルなスッキリとしたパッケージ。

BougeRV Juice Go 分厚い緩衝材で保護

開封すると、分厚い緩衝材で保護されており、安心感があります。

BougeRV Juice Go 同梱品
セット内容
  • Juice Go 本体×1
  • シガーソケットケーブル×1
  • USB TypeCケーブル×1
  • ユーザーマニュアル×1
BougeRV Juice Go セット内容

本体の他に、充電用シガーソケットケーブルUSB Type-Cケーブルユーザーマニュアルだけの付属品もシンプルな構成。

必ずと言っていいほど、同梱されているはずのAC充電器はありません

理由は以下の通り。

ポイント

Juice Goは、ケーブル1本で充電できるUSB Type-Cをメインの充電方法に設計されています。そこで「重くかさばるAC充電器」を持ち運ばなくて済むようにと、あえてAC充電器は標準で同封がされていない模様。

AC充電器は、別途オプションで購入できるようです。

パンダ
パンダ

結果コストダウンにも繋がりGOOD!

BougeRV Juice Go USB Type-C(オス)-USB Type-C(オス)が付属

USB Type-Cのコネクタ形状は、USB Type-C(オス)-USB Type-C(オス)です。

パンダ嫁
パンダ嫁

足らない場合は、スマホなどのケーブルを活用

本体サイズ

BougeRV Juice Go 本体サイズ

本体は、横26.0cm×縦16.9cm×幅6.6cmとかなりコンパクトでスリム設計。

重さもわずか2.85kgと驚くほど軽量なので、持ち運びがとにかく楽です。

入出力ポート

BougeRV Juice Go 入出力ポート
BougeRV Juice Go ACポート位置
入出力ポート
  • ACコンセント/出力150W×1
  • USB-C(1)/最大100W(入出力可能)
  • USB-C(2)/出力30W
  • USB-A/出力18W
  • シガーポート/出力130W
BougeRV Juice Go 最大5台のデバイス使用可能
出典:BougeRV

ACコンセント、USB-C×2個、USB-A、シガーポートの計5種類の出力ポートを備えており150W出力に対応。最大5台のデバイスを同時に充電することも可能です。

ソロキャンプや日帰り旅行、ワーケーションなど、様々なシュチエーションに性能を発揮してくれます。

容量240Whのバッテリー

BougeRV Juice Go 容量240Whのバッテリー

バッテリー容量は240Whで、稼働時間目安は以下の通り。

家電製品消費電力(約)時間/回数(約)
スマホ13W18回
パソコン40W6回
ゲーム機39W6回
LEDライト5W32時間
液晶テレビ60W4時間
電気毛布40~80W3~6時間
扇風機20W12時間

最大出力150Wまでなので、ドライヤーや電子レンジなど消費電力の高い製品は動かせません

ですが、手持ちのガジェットの充電には十分すぎるスペックです。また消費電力の低い扇風機や電気毛布ならしっかりまかなってくれます。

パンダ
パンダ

ソロキャンプにピッタリ!

リン酸鉄リチウムイオン電池を使用

BougeRV(ボージアールブイ)リン酸鉄リチウムイオン電池を使用

ちなみにJuice Goのバッテリーは、安全性とサイクル寿命に優れる「リン酸鉄リチウムイオン電池(LiFePO4)」が採用されています。

この電池は発火や爆発の危険性や自己放電率が低く、サイクル寿命も長いのが特長。ポータブル電源を選ぶうえで、もはや外せないポイントと言えるのではないでしょうか。

BougeRV Juice Go 業界平均値の7倍の3,500回以上の充電サイクル

そして充放電を繰り返し行える回数が、業界平均値の7倍の3,500回以上という桁違いの数字!

仮に1日一回充放電を繰り返したとしても、約10年以上使用が出来る計算というから驚きです。

パンダ嫁
パンダ嫁

長寿命!

4つの充電方法

BougeRV Juice Go 4つの充電方法

BougeRV Jucie Goは、DCポート、ACポート、USB-Type-C を装備し、4つの充電方法に対応しています。

※標準で付いているのはシガーソケット充電ケーブルと、Type-Cケーブルのみ。

各ポートすべて最大入力100Wですが、同時入力することで充電時間を短縮することが可能。

パンダ
パンダ

急いで対応したい時に嬉しい機能ですね

専用ソーラーパネルも同時発売

BougeRV Juice Go 専用ソーラーパネルも同時発売

ちなみにBougeRV Jucie Goにはアンダーソン入力ポートはありません。

ですが、DCやUSB-C接続できるタイプの専用のソーラパネルが同時発売予定です。

ソーラパネルも本体と同様ブックサイズで、一緒にバックパックに入れておけるサイズ感。

パンダ嫁
パンダ嫁

併せて揃えたい!

BougeRV
¥15,800 (2024/04/15 22:41時点 | Amazon調べ)

Juice Go使用感レビュー

BougeRV Juice Go 使用感レビュー

実際に持った時のサイズ感がこちら。

本体サイズ幅26cm×高さ16.9cm×厚さ6.6cmと片手で楽々持ち運べるコンパクトさ!

帆布ハンドルがGOOD!

持ち手部分は、柔らかくて持ちやすい帆布ハンドルが採用されています。

アウトドア環境でも安心のしっかりとした帆布で、長年使ってもヨレやほつれる心配は無さそう。

▼吸排気口

本体上下にそれぞれ、吸気口が2箇所排気ファンが1つ備わっています。
実際の数値を計測したわけではありませんが、高負荷時もとても静か。

▼シリコン加工

本体の両サイドには滑り止め用シリコン加工が施されています。

これが転倒防止にかなり効果的で、縦置き時はもちろん、横に寝かせた状態でも効果を発揮!

実際のキャンプで利用

BougeRV Juice Go 実際のキャンプで利用

ポータブル電源を起動には、「POWERボタン」を約2秒ほど長押しします。

BougeRV Juice Go 視認性の良いLCDディスプレイ付き

小さいですが、視認性の良いLCDディスプレイ付き

パンダ
パンダ

使用状況が1%ずつ視認できるので便利

BougeRV Juice Go 電気毛布を使用

Juice Goは、AC出力は最大150Wまでの家電製品を動かすことが可能です。

今回は、キャンプで電気毛布を使用して検証を行いました。

  • 時期 2月初旬
  • 天候 晴れ
  • 気温 夜間気温5℃前後
BougeRV Juice Go 電気毛布稼働

電気毛布は、弱で3~4時間ほど使用。(途中で暑くなり停止)

BougeRV Juice Go ニンテンドーSwitch

途中、持参したニンテンドーSwitchを給電しながら1時間ほどプレイ。

その後、スマホも1台フル充電、ニンテンドーSwitchを30分ほど充電を行いましたが、フル充電からバッテリーは残量30%残ったという結果に。

パンダ
パンダ

ソロで1泊に絶妙かも!

LEDライト付き

また今回はほとんど使いませんでしたが、便利なLEDライトが付いてます。

手前のLEDボタンを1回押すごとに、以下の通り切り替え可能。

高輝度モード➡低輝度モード➡SOS点滅➡OFF

ディスプレイ上に「高モードで2W」「低モードで1W」ずつ消費されていたので、理論上120~240時間使える計算です。

競合スペックとの比較

BougeRV Juice Go ジャクリポータブル電源との比較

ちなみにこのスペックのポータブル電源を検討する上で、候補に挙げられるのがJackeryポータブル電源 240です。

この似通った2機種のスペックをまとめた表がこちら。

商品名Juice Goポータブル電源 240
本体サイズ(約) 260×169×6.6cm230× 133 × 167cm
重量(約) 2.85kg3.1kg
容量240Wh241.9Wh
ACポート1個(150W)1個(200W)
※瞬間最大400W
USBポートType-C×1(100W)入出力
Type-C×1(30W)
USB-A1×1(18W)
USB-2.4A×2(24W)
シガーソケット1個1個
AC入力
付属品シガーソケット×1
USB Type-C×1
取扱説明書
ACアダプター x1
シガーソケット x1
収納ポーチ x1
取扱説明書
実売価格(約) 29,980円29,800円
保証期間5年3年
2024年2月時点

Jackeryポータブル電源 240は2019年に発売し、今なお人気の世界各国でロングセラーのポータブル電源。

一方Juice Goは何といっても、ブックサイズで厚みが6.6cmと薄型なので、リュックやバックにサッと入れて持ち運べるのが大きな利点と言えます。

また、スペック面では特にUSBポートの充実度が素晴らしく、ガジェットを中心としたUSB充電を複数台まとめて行いたい時に便利です。

パンダ
パンダ

保証期間が5年なのも嬉しいポイント

まとめ

BougeRV Juice Go まとめ
出典:Amazon

というわけで、今回はBougeRVの最新ポータブル電源 Jucie Goを本音でレビューしました。

特徴をまとめると

  • ブックサイズの薄型コンパクトでバックパックにも入る
  • 240Whのソロキャンプやワーケーションにちょうど良いスペック
  • 安心安全のリン酸鉄リチウムバッテリー
  • 3500回以上の充放電サイクルで10年以上のサイクル寿命
  • 柔らかくて持ちやすい帆布ハンドル
  • もしもの備えにも安心のLEDライト

BougeRV Jucie Goは、AC出力の定格出力は150Wなので、動かせる家電にはある程度の制限があります。

位置づけとしては、空調やガジェットの充電、ちょっとした調理家電などを動かす、便利なサポート役として捉えておくのがベストです。

出来ないことはもちろんあるけど、オーバースペックになりすぎない「絶妙なスペック」という印象を受けました。

ちなみに、本来であれば、最後に残念ポイントを挙げているのですが、正直Jucie Goに関しては気になったデメリットは見当たりませんでした。

パンダ嫁
パンダ嫁

まだキャンプで1回しか使ってないため、今後使っていくうちに何か見つれば追記します!

嬉しい購入特典がついてくる

BougeRV Juice Go 購入特典のノベルティ

ちなみに発売は2024年2月20日、Amazonや公式サイトで購入できます。

さらに今だけ発売を記念して、購入者にはもれなくノベルティグッズが付いてくるようです!

詳細が判り次第、情報追記します。

パンダ
パンダ

詳細は私もまだ判りませんが、トートバック折り畳み傘でしょうか?

気になった方はチェックしてみて下さいね。
ポータブル電源選びの参考になれば幸いです。

それではみなさま、have a nice day!

BougeRV
¥15,800 (2024/04/15 22:41時点 | Amazon調べ)

▼カップルやファミリーにはこちらのポタ電もおすすめ!